英検2級の対策方法・参考書について【試験のレベル・合格点から逆算】

英検2級の対策方法 ・参考書について参考書紹介
スポンサーリンク

1.はじめに

 ごきげんよう!椎名まつり(@417matsuri)です。今回の記事では、英検2級の試験レベルや合格点についてを紹介し、そこから合格のために必要とされる対策はどのようなものなのか説明していきます。これから英検2級を受験しようと考えている方や、英検のどの級を受験しようかなと考えている方は、この記事を読んで「最短ルート」の英検対策を始めましょう!

 なお、この記事ではペーパーテストと面接試験の組み合わせで行われる従来型「英検」と、コンピューターを使用した試験である英検S-CBTの両方を取り扱っています。受験方式についてまだ悩んでいるという方は、以下の記事を参考にしてもらえればと思います。

スポンサーリンク

2.英検2級のレベル・難易度

 今回の記事で扱っている英検2級は、高校生等を中心に多くの人が目標にする級のうちの1つだと思いますが、実際にはどの程度のレベルなのでしょうか。まずはこの部分について検討をしていきます。

 まず、英検協会のサイトを見ると、英検2級は「高校卒業程度」の英語力という記載が見られます。問題を見ると、文法においては仮定法などの高校で学習する文法事項が含まれているほか、語彙のレベルに関しても英検準2級からかなり難易度が上がっています。過去に英検協会が提示していた基準(参考リンク)によると、英検2級で必要となる語彙は5,100語とされています。
 一般に、大学入学共通テストやセンター試験の語彙レベルが4000語から5000語難関大学入試の語彙レベルが6000語と言われていることを合わせて考えると、英検2級の語彙レベルは、高校卒業レベルに相応しいことが伺えます。また、難関大学の入試と比較すると、やや英検2級は易しい試験であると言えるでしょう。

 英語能力を客観的に測る指標であるCEFRによるデータでは、英検2級はCEFR B1に位置する試験とされています(下図の左から2列目が英検)。英検2級の合格スコアは1980点となっており、ギリギリB1レベルに到達していることになりますね。

 このCEFR B1レベルの詳細については以下の記事で具体的な説明をしているのでそちらを読んで頂きたいですが、簡単に言えば「身近な話題について概ね理解ができ、自らの意見を伝えることができる」といったレベルです。試験の難易度の割に大したことがないと思うかもしれませんが、言語をマスターするためへの道はもっと先が長く険しいわけですね……。

 さらにCEFR B1というレベルについて理解していくために、大学入試での活用について見ていきましょう。実際に英検2級相当の資格を持っていると、どのレベルの大学入試で役立つのでしょうか。昨年度の入試で、英語外部検定試験を入試に導入した大学の一覧表を、CEFRレベルごとに掲載しておきます。表を見て、CEFR B1のレベルがどの程度なのか見てみましょう。

CEFR大学名(一般入試に採用している私立大学に限定)
B2早稲田大学・上智大学・明治大学・青山学院大学・立教大学・中央大学・法政大学・学習院大学・立命館大学・関西学院大学・関西外国語大学など
B1明治学院大学・獨協大学・日本大学・東洋大学・駒沢大学・専修大学・東海大学・国学院大学・桜美林大学・南山大学・関西大学・近畿大学・京都外国語大学・西南学院大学など
A2大東文化大学・東京都市大学・立正大学・東洋学園大学・関東学院大学・大阪経済法科大学・大阪成蹊大学・桃山学院大学・摂南大学など
英語外部試験を一般入試に導入している大学と必要なCEFRレベル(2021年度入試)

 このように、CEFR B1で受験することの出来る大学は偏差値50~60あたりの大学になっており、多くの受験生が目指すレベルの大学をカバーしています。英検2級は「高校卒業レベル」の試験であることがよく分かります。また、単語のレベルでも見たのと同じように、英検2級のレベルは難関大学を受験するには不足があると言えます。
 なお、CEFRと大学受験の関係性だったり、高校生がどのレベルを目指していくべきかについて、詳細が知りたい方は以下の記事を読んでみて下さい。

 ということで、この試験は英検準2級に合格した方の次のステップとしてはもちろんですが、高校卒業レベルの英語力があり、大学受験で偏差値50~60程度の大学を目指す人にとって受験するべき試験であることが分かってもらえたかなと思います。
 次のセクションでは、英検2級の試験の合格点について理解し、対策への道筋を立てていきましょう。

スポンサーリンク

3.英検2級の受験方式・合格点

 英検2級も英検3級・準2級と同様にリーディング・ライティング・リスニング・スピーキングの英語4技能の試験となっています。従来型「英検」の一次試験ではスピーキング以外の3技能を試験し、その合格者のみ、二次試験で試験官との面接でスピーキング技能の試験を行います。
 一方のS-CBT方式では一度に4技能全ての試験を行って合否判定を行いますが、合格基準は従来型「英検」と同様にリーディング・ライティング・リスニングの合計点とスピーキングの得点の2つの得点が基準スコアを上回っている必要があります。そのため、「従来型「英検」だったら合格だったけど英検S-CBTだったせいで不合格だった」というようなことは起こりません。安心してどちらの試験を受けることもできますね!

 さて、英検2級の具体的な試験形式を紹介……と行きたいところなのですが、先に合格点を見ておきましょう。これは、先に合格点を見ておくことで、それぞれの技能の試験でどこを重点的に対策したら良いのかをまとめて紹介することが可能になります。なお、英検の得点はCSEスコアという形になっており、これは実際に何問正解したかという得点である「素点」から換算されて算出される得点になります。「CSEスコアの仕組みについて詳しく知りたい!」という方は以下のリンクから記事を読んでみてください。

 英検2級の合格点/満点(CSEスコア)は、 リーディング・ライティング・リスニング(一次試験) で1520点/1950点、スピーキング (二次試験) で460点/650点となります。なお、全ての技能において満点は650点となっています。よく見ると、一次試験の3技能では平均507点取らないといけませんが、スピーキングは460点で合格のため、スピーキングは他の技能に比べて必要なスコアが若干低くなっています。そのため、対策においてはスピーキング以外の技能を優先して伸ばしていくことをオススメします

 この合格点(CSEスコア)を取るために必要な「素点」は、技能により異なるため、各技能の対策についてのパートでそれぞれ詳しく解説をしていきます。

スポンサーリンク

4.英検2級の試験形式と対策方法

 これまで英検2級のレベルがどういったものなのかや、その合格点がどの程度なのかについて見ていきました。このセクションでは、こうした前提をもとにして、英語の4技能においてどのような対策をしていけばよいのかについて解説をしていきます。

 対策方法については2パターンあり、リーディングで高得点を狙うことが出来る方は全てのパートでまんべんなく得点をして合格するパターンパターンA)を、リーディングで高得点が難しいという方は、比較的得点を伸ばしやすいライティングで高得点を狙って合格するパターンパターンB)での合格を目指していきます。どちらのパターンを狙うべきかは、リーディングの対策の部分で詳しく説明をしていきます。

1.英検2級リーディングの試験形式と対策

 英検2級のリーディングは以下の表で示した試験形式となっており、素点における合計点は38点満点となっています。パターンAでは23点を、パターンBでは19点を目標として学習を行いましょう。また、以下の表には、パターンごとに各大問の目標点を記載しています。

大問形式問題数パターンA目標点パターンB目標点
短文の空所補充20問12~14点8~10点
長文の空所補充6問3~4点3~4点
Eメール文の読解(A)
説明文の読解(B・C)
12問6~7点6~7点

 受験者の皆さんにとっての問題はこの2つのパターンのうち、どちらを狙って合格を目指すかになります。上の表を見てもらって分かったかもしれませんが、この2つのパターンの違いは大問1の「短文の空所補充問題」の得点の違いになります。

 以前の記事でも紹介しているのですが、英検で合格点を取るためのポイントはリーディングで出題される「短文の空所補充問題」で安定した得点を取ることです。パターンAでの合格を目指す方は既に単語力等が十分にあり、大問1で安定した得点を狙うことが出来る方になります。このパターンはリーディングの得点が安定しやすいため、合格を狙いやすい形になっています。

 しかし、当然ですが単語力は一朝一夕で身につくものではありません。そのため、現状で短文の空所補充問題の得点が4~5割しか取れないという方は、パターンBでの合格を目指していくことになります。もちろん、単語・熟語・文法の能力を伸ばしていくことは大切なことですので、こちらのパターンを選択するからといっておろそかにすることはないようにしてください。
 また、後述するライティングでの高得点に頼る形になるため、一発勝負の試験で安定して得点を取ることが難しいスタイルになります。そのため、合格するためには複数回の受験が必要であるという意識を持つ必要があるでしょう。

 では、具体的にどのような対策をすればよいかですが、基本的には対策のための問題演習を出来る限り多く行うのがよいでしょう。大問1の得点を伸ばしたいなら『英検2級語彙・イディオム問題500』が対策に好適です。生徒たちを見ていると、単語帳で勉強をする人が多いのですが、英検対策用の単語帳は学習しにくいものが多いので、こうした問題形式の方が記憶に残りやすいのではないかと思います。大問2・3を含めた総合的な対策書は、参考書紹介の箇所で別途紹介をします。

2.英検2級ライティングの試験形式と対策

 英検2級のライティングについては80~100語の英文エッセイを1つ書くという形式となっています。書かれたエッセイは「内容」「構成」「語彙」「文法」という4つの採点基準によってそれぞれ1~4点で採点され、16点満点の素点が出されます。詳しい採点基準は別の記事で既に書いているので、参考にしてください。

 Aパターンでの合格を目指す方は10~11点を、Bパターンでの合格を目指す方は12点を目指していきましょう。素点ではたった1点の差ですが、CSEスコアに換算すると25点ほどの開きがあり、このスコア差はリーディング問題にすると約5問分の価値があります。そのため、ライティングで高得点を取ることが出来れば、他の技能で少し苦手な部分があったとしても、十分にカバーをすることができます

 また、文法的に正しい文が書けるならば、適切な対策を行うことで、短期間で高得点を取れるライティングを書くことができます。受験まで十分な時間がない方、語彙力を上げるのが難しい方が手っ取り早く得点を上げるのにオススメです。具体的な攻略法は以下の記事を参考にしてもらえればと思います。

 また、対策に有用な参考書として『英検2級ライティング大特訓』をオススメします。このシリーズは英検各級にあるのですが、他書に比べて圧倒的にボリュームが多く、有用な表現や学習者が陥りやすい間違いが多く載っており、オススメの一冊になっています。

3.英検2級リスニングの試験形式と対策

 英検2級のリスニングは以下の2つの形式の出題となります。第1部・第2部の合計は30問で、目標点は18点です。

大問問題形式問題数目標点
第1部対話文の聞き取り15問9点
第2部物語文・説明文の聞き取り15問9点

 第1部では2名による対話を聞き、その後にQuestionが放送され、適切な答えを選ぶ形式、第2部は短いパッセージの朗読を聞き、その後にQuestionが放送され、適切な答えを選ぶ形式となっており、かなり似通っています。また、全ての問題で1つの文章に対して1問のみの出題となっており、かなり良心的な出題になっています。

 リスニングについては、素点がかなり高くないとCSEスコアが伸びないため、高得点を取って差をつけることは難しい部分になっています。逆に、素点で15点くらいしか取れないと、CSEスコアで30点程度のディスアドバンテージとなり、合格がかなり難しくなってしまいます。そのため、合格のためには絶対に落とせない部分になっています。

 対策方法はたくさん聞いて、たくさんの問題を解くほかありません。『英検2級リスニング問題120』問題が古いので、現在の問題よりは易しいのですが、「リスニングが苦手!」という方はこの問題集を使って演習を進めていくのがまずは良いと思います。現在の難易度に合った問題については、最後の参考書の紹介でいくつか出していきます。

4.英検2級スピーキングの試験形式と対策

 英検2級のスピーキング試験は、既に説明している通り、他の3技能と関係なく460点を取る必要があります。試験はいくつかのパートに分かれており、パートごとに得点が決まっている形になります。具体的には以下の表のとおりになっています。合計点は33点で、合格ラインは20点です。

Part内容配点目標点
Readingパッセージの音読5点3点
Question 1パッセージについての質問5点4点
Question 2イラスト描写問題10点6点
Question 3/4受験者の意見を問う問題10点6点
Attitude受験態度3点2点

 英検2級のスピーキング試験については、前半のReadingからQuestion 2はかなり事前の対策が有効となっており、「即興で文章を考えたりするのが難しい」と考えている皆さんはぜひ対策をしてから臨みましょう。

 絶対に知っておいてほしいのですが、英検に限らずスピーキング試験というものは必ず「出題のパターンが決まっているので、先にそれを知っておくだけで得点を大きく上げることができる」ものです。リーディングや他の技能の試験だと当たり前のことなのですが、なぜかスピーキングに限ってはこの考えを持つことが出来ない生徒が多く見られます。スピーキングであっても事前の対策が超有効なので、絶対に対策をしてから本番に臨みましょう。

 具体的な対策方法については、別途詳細の記事があるので、そちらを読んでみてください!直前に対策するだけでもかなり得点が変わってきます。

 参考書でスピーキングの対策をしたい、という方に向けて『英検2級 面接・攻略ポイント20』をオススメしておきます。旺文社にもスピーキング用の問題集があるのですが、問題の形式が本番と外れている部分が多く、イマイチ対策にならないので、こちらが良いでしょう。

5.英検2級対策のためのオススメ参考書

 ここまで、英検2級で合格点を狙うための対策方法について説明をしてきました。また、各技能の対策に特化した参考書についても各パートで紹介をしてきたのですが、英検2級の対策書の多くは全てのパートに対応した「総合型」の参考書になっています。ここでは、そうした参考書のうち、私が自信を持ってオススメする参考書を紹介していきたいと思います。

 まずは、リーディングとリスニング問題の両方をカバーした『最短攻略! 英検2級 リーディング&リスニング問題完全制覇』です。これは新しい形式のリーディング・リスニング問題をたくさん収録しており、基礎固めに最適な一冊となっています。個人的にはこれと『ライティング大特訓』+『面接・攻略ポイント20』の3冊で4技能をカバーすると良い感じなのではないかな、と思います。

 それと、英検対策の上でも一番重要なのは過去問ですね。参考書を使って対策をしてから、演習をする段階ではぜひ過去問を使いましょう。ということで、過去2年間の英検の問題と解答・解説が収録されている過去問集を紹介します。

 ただ、過去1年分の英検の問題と解答については英検協会の公式サイトから確認することができます。解説が必要ないという場合はこちらで問題PDFとMP3をダウンロードして、演習をするのも良いでしょう。

 以下で紹介するのは定評ある旺文社の英検対策書です。参考書を何冊も買うのは難しい、という方はこちらの対策書を選択するのも良いでしょう。上の『7日間完成』は鉄板中の鉄板ですね。直前での英検対策はこれがオススメになります。下の『DAILY20日間』は左ページに問題、右ページに解答といったスタイルで、コツコツ自習をしていくのに向いている形の問題集になっています。問題演習量を増やしたいという方にオススメです。

 その他の出版社の参考書のうち、私がオススメしたいものを他にもいくつか紹介します。『英検2級をひとつひとつわかりやすく。』は学研の参考書で、文法の解説から効果的なライティングの書き方まで丁寧な説明がされている参考書です。これで基本的なことを学んでから、過去問の演習をするのもよいでしょう。
 また、大変分量が多いですが『英検2級 8日間で一気に合格!』も良い参考書だと思います。メチャメチャ戦略的に作られており、この1冊をやり込めばまず間違いなく合格できるのではないかなと思います。問題点があるとすれば、あまりに量が多いのでまず間違いなく8日間で1冊を仕上げることは出来ないだろうという点ですね……。もし、「8日間で終わったよ!」という方がいましたら、お知らせいただければと思います。。

スポンサーリンク

5.おわりに

 大変長い記事になってしまいましたが、ここまで英検2級の対策についてまとめていきました。試験のレベルや合格点についても、かなり踏み込んだ内容の記事になっているので、学習者の皆さんにとって有益な内容となっていたら嬉しいです。

 記事の中でもかなり紹介をしましたが、英検に関係するコンテンツはこの記事の他にも、様々な記事を書いているので、ぜひ他の記事についても参考にしてもらえればとてもありがたいです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました